wimax 動画 制限

WiMAXには基本的に通信速度制限があります。
正しくは、WiMAX2+回線には通信速度制限があるということです。(WiMAX2+の前のWiMAX回線は速度は遅かったものの、ノーリミットで使えました)
WEBサイト閲覧やSNSの利用程度なら、まったく気にする必要はありませんが、これが動画の視聴となると話は違ってきます。
データ容量が大きい動画は、通信制限に大きくかかわってきます。
Youtubeをはじめ、NETFLIX(ネットフリックス)、hulu(フールー)、U-NEXT(ユーネクスト)、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)、dTV(ディーティービー)、DAZN(ダゾーン)といった動画配信サービスがぞくぞくと登場し、必要とされるデータ容量(ギガ数)もどんどん増加する傾向にあります。
このサイトでは、WiMAX回線で動画を観る場合、通信速度制限を回避し、上手に利用するための方法についてご紹介していきます。

 

WiMAX2+の速度制限

動画による制限の前に、まずWiMAXの通信速度制限のルールについて、おさえておきましょう。

 

通常プラン月間7GB超の場合の通信制限

通常プラン(UQ WiMAXでいえば「UQフラットツープラス」プラン)の場合、月間のデータ通信量が7GBを超えると、通信速度が128Kbpsに制限されます。

 

128Kbpsというと、動画視聴は事実上不可で、WEBサイトを立ち上げるのですら数分間かかるほどの遅さです。
この通信制限にかかると、まずまともには使えなくなると思った方が良いです。
制限がかかる期間は月末までで、月が変わると制限が解除されます。
追加料金を払って解除といったスマートフォンのようなシステムは、WiMAXにはありません。

 

ギガ放題プランの速度制限

ギガ放題プラン(UQ WiMAXでいえば「UQフラットツープラスギガ放題」プラン)という名前ではあるものの、実は100%使い放題・無制限というわけではありません。
3日間でデータ通信量が10GBを超えた場合は、速度制限がかかります。
以前は3日間で3GBだったのですが、かなり緩和されました。
また、月間7GBの通信制限に比べればはるかに緩く、制限がかかっていることに気づかないほどです。

 

具体的な制限の内容は、

  • 速度:1Mbpsに制限される
  • 制限される期間:18時頃から翌2時頃までの約8時間

となっています。

 

速度制限がされているとはいえ、1Mbpsの速度は出ますから、下手な格安SIMよりもずっと速く、youtubeの標準画質動画を視聴するのには、まったく問題のない速さです。

 

au4GLTE利用時の速度制限

意外と見落としがちなのが、au4GLTEオプションを利用した場合の通信速度制限です。

 

au4GLTEオプションに加入し、ルーターをハイスピードプラスエリアモードに設定すると、WiMAXでは圏外の場所であっても、auの携帯電話ネットワークを使って通信ができるため大変便利なのですが、このオプションを利用すると、たとえギガ放題プランを選んでいたとしても、月間7GB超の通信速度制限がかかります。

 

制限された場合の速度は128Kbpsですから、ほぼまともには使えません。
制限される期間は、月末までです。

 

WiMAXを速度制限のストレスなしで観るには

これまでお話ししてきたとおり、WiMAXを100%無制限に使い放題使うことは、前年ながらできません。
しかし、月間100GBまでなら速度制限なしに使えるとなれば、感覚的にはかなり無制限に近いレベルといえるのではないでしょうか?

 

月間100GBまでストレスなしで観るには、

まずギガ放題プランを選ぶこと
3日間のデータ通信量を10GB未満におさえること
au4GLTEオプションを使わないこと

がポイントとなります。

 

3日間で10GBということは、ひと月に直すと100GBということになりますね。
つまり、100GBまでは速度制限には一切ひっかからないということです。

 

では、100GBで各動画配信サービスをどのくらい観ることができるのか見てみましょう。

 

動画配信サービスと通信速度制限

 

主な動画配信サービスでは、どれくらいのデータ通信量がかかるのか(どれくらいのギガ数を消費するのか)についてご紹介したいと思います。

 

NETFLIX(ネットフリックス)
1時間当たりのデータ通信量
低画質:300MB
中画質:700MB
高画質(HD):最大3GB
最高画質(UHD):最大7GB

 

hulu1時間当たりのデータ通信量
中画質(480p):約150〜200MB
高画質(720p):約300〜400MB

 

Amazon Prime Video1時間当たりのデータ通信量
中画質:最大600MB
高画質:最大1.8GB
最高画質:最大5.8GB

 

dTV1時間当たりのデータ通信量
中画質:220MB
高画質:660MB
高画質HD:1120MB

 

U-NEXT1時間当たりのデータ通信量
高画質:約420MB

 

youtube1時間当たりのデータ通信量
144p:約120MB
240p:約180MB
360p:約240MB
480p:約420MB
720p:約720MB
1,080p:約1260MB

 

たとえばyoutubeを例にとってみましょう。

 

HD画質720pで1時間動画を観ると、約720MB消費します。
ということは、10GB(=10,000MB)に到達するには、
10,000MB / 720MB = 約14時間
ということになります。
3日間で10GB以上使わなければ制限はかかりませんから、HD動画なら3日間で約14時間以上見なければ、制限はかからないということになります。
3日間で約14時間以上動画を観ることは、一般的にはそう多くはないのではないかと思います。
もし万が一14時間を超えそうだという場合は、SD画質(標準画質)480pで少し我慢すれば済みます。

 

このように考えると、WiMAXは100%無制限に使えるわけではないものの、通信速度制限に関してそれほど神経質になる必要もないのではないでしょうか?

 

いずれにしても、月間数ギガしかなくて、スマホで動画をビクビクしながら観ることを考えれば、WiMAXの利用はおすすめです。格安スマホ(SIM)ならなおさらですね。

 

WiMAXは、UQ WiMAXと直接契約するよりも、UQ WiMAXの販売代理店であるプロバイダと契約する方がはるかに有利にWiMAXを使うことができます。

 

どこで契約しても、対応エリアや速度・通信制限の条件といったサービス面では全く同じですから、安いプロバイダと契約するのが一番です。

 

業界最安級で人気の「Broad WiMAX」は、UQ WiMAXよりも月額約1000円近く安い3,411円でギガ放題プランを使えますから、イチオシです。
キャッシュバックはありませんが、受け取るハードルが高いキャッシュバックではなく、その代わり以上に月額料金が確実に安いといことで評判のプロバイダです。

 

「Broad WiMAX」の公式ページを確認してみる


このページの先頭へ戻る